アイピル(I-Pill) 1.5mg

  • クリックで画像を表示

1,680円-6,880円

依頼数:



【製品説明】

i-pill(アイピル)は、緊急避妊ピル、事後ピル、アフターピルなどの名称でも呼ばれている緊急避妊薬(モーニングアフターピル)です。通常であれば妊娠は喜ばしいことですが、状況などにより望まない妊娠もあります。性行為の際に、避妊具不使用または破けてしまい避妊に失敗してしまった際に、緊急で妊娠を避けるために活用される薬です。i-pillの主成分は日本でも認可されているレボノルゲストレルで、プロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)と呼ばれる種類の薬です。日本では「ノルレボ錠」(武田薬品工業)という名前で、同成分の含まれた緊急避妊剤が販売されています。

レボノルゲストレルは、海外臨床試験でレボノルゲストレル1.5mgを性交後72時間以内に服用することで、妊娠阻止率(月経周期日ごとの妊娠確率から求めた妊娠予定数を用いて算出した値)が84%であったと報告され、国内でも妊娠阻止率は81%でした。妊娠と女性ホルモンには密接な関係があり、女性ホルモンが分泌されることで妊娠のための環境が整い受精しやすくなるため、不妊治療で女性ホルモンが投薬されるのはこの理由からです。

そのため、女性ホルモンを制御することで妊娠をコントロールすることができ、排卵が起こる直前にはホルモンが大量分泌される(LHサージ)ため、プロゲステロン薬を投薬することでLHサージが抑えられ排卵時期を遅らせることができます。レボノルゲストレルは、排卵を抑えることで受精を避け、更に受精卵の着床を阻害する働きや、受精阻害作用があり、妊娠を避けることができるといわれています。

i-pillは72時間以内に服用することで、成分の働きにより、排卵の抑制・遅延、着床阻害をし、望まない妊娠を避けることができる薬です。ただし、臨床試験結果からもわかるとおり完璧に妊娠を回避できるわけではありません。


◆効果
性行為後72時間以内に服用することで、84%の確率で避妊をすることができます。

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

◆用法
性交後72時間以内に、レボノルゲストレル1.5mg(1錠)を 1 回経口投与してください。

◆注意事項
肝疾患の方、心疾患・腎疾患及び既往歴のある方は、慎重投与となります。医師に相談してから使用してください。
本剤は性交後に妊娠を回避するためのものであり,計画的に避妊する場合は,可能な限り避妊効果の高い経口避妊薬などを用いて避妊してください。
本剤投与後も妊娠する可能性があるため,適切な避妊手段を行ってください。
本剤投与後には,不正性器出血や妊娠初期の出血を月経と区別できない場合もあることから,月経周期を考慮し適切な時期に専門家に相談してください。
重度の消化管障害又は消化管の吸収不良症候群がある場合,本剤の有効性が期待できないおそれがあります。
妊婦の方は使用しないでください。
本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。
薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
子供の手の届かないところに保管してください。
直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。
ビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなり、血栓症などを引き起こす可能性がありますので使用中のビタミンCの過剰摂取はお控えください。血栓病などをお持ちの方には症状が悪化する可能性があります。
卵巣ホルモンのバランスを崩す可能性があり、乳がん・子宮癌などの方の使用は望ましくありません。
35歳以上の方で、1日の喫煙量が15本を越える方は使用しないでください。

◆副作用
消退出血、不正子宮出血、頭痛、悪心、閨怠感、傾眠、疲労、下腹部痛、浮動性めまい、乳房圧痛、月経遅延等。

◆成分
Levonorgestrel(レボノルゲストレル)1.5mg

◆商品別名(日本名)
ノルレボ(あすか製薬、武田薬品工業、LABORATOIREHRAPHARMA)、ミレーナ(バイエル薬品)

◆対象
女性

◆製造
Acme Formulation Pvt. Limited (India)

◆発送
香港ルート

◆その他
1箱/1錠

この製品を依頼した人はこんな製品も依頼しています

カートの中身

カートに商品は入っていません