ダイアン35(Diane35) 21錠

  • クリックで画像を表示

1,940円-5,650円




【製品説明】

ダイアン(Diane35)は、安全性が高いとされる低用量避妊ピルです。

ダイアン(Diane35)には、プロゲストゲンである酢酸シプロテロンと、エストロゲンであるエチニルエストラジオールの2種類のホルモンが含まれています。

酢酸シプロテロンは、男性の精子より作られるアンドロゲン(男性ホルモン)の影響を抑制するため、これらのホルモン管理する事により妊娠を防止することが可能です。

ダイアン(Diane35)は、避妊目的以外にも、ニキビ、特に脂漏症や炎症または結節の形成を伴う目立つニキビ(丘疹性座瘡、嚢胞性結節)、男性ホルモン性脱毛症、緩やかな多毛症などの、女性における男性ホルモンによる疾病の治療に使用されています。

一相性ピルは、1周期(21日間)服用する錠剤のホルモン含有量が一定なので、服用法は非常に簡単です。錠剤を飲み違えるなどのわずらわしさがありません。

◆効果
避妊

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。 

◆用法
1日1 錠を毎日一定の時刻に21日間連続経口投与する。
その後、7日間を休薬期間とする。

◆注意事項
飲み忘れに気付いた際は、1日以内の場合は、思い出したときすぐに服用してください。さらにその日の分も通常通り服用してください。
2日以上連続して飲み忘れた場合は、今回の服用を中止し、次の月経を待って新しいシートで服用を開始してください。
ただし、飲み忘れにより妊娠する可能性が高くなるため、その周期は他の避妊法を用いてください。

ピルには血液を固まりやすくする性質があるため、血栓が出来たり、悪化させる恐れがあります。
このような症状は年齢と喫煙に深く関係します。
40歳以上の方やタバコを吸う人はリスクを高めますので主治医の指示に従ってください。

また、高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓病など持病がある場合、長期間投与を行なう場合は、
服用する前に医師に相談してください。

※ビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなり、血栓症などを引き起こす可能性がありますので使用中のビタミンCの過剰摂取はお控えください。

効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
こちらの文面は、薬効成分等の一般的な作用機序を解説したものであり、この通りの使用を推奨しているわけではありません。
必ず医師の観察のもとで使用し、異変を感じた際は医師の診察をお受けください。

◆副作用
飲みはじめてからホルモン環境が変わったために起こる副作用として、次のような症状が見られることがあります。
不正出血(生理以外の出血)、乳房の張り・痛み、吐き気などの胃腸障害。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。 

◆成分
Cyproterone Acetate 2.0mg
Ethinylestradiol 0.035mg

酢酸シプロテロン 2.0mg
エチニルエストラジオール 0.035mg

◆対象
女性

◆製造
Bayer Zydus Pharma(Germany)

◆発送
インド11ルート

◆その他
1箱21錠
アジア人の為に作られた安全な低用量避妊ピル

この製品をチェックした人はこんな製品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません