フェルトガード(Fertogard) 50mg

  • クリックで画像を表示

2,470円




【製品説明】

Fertogard(フェートガード)は、排卵誘発剤です。日本国内で承認されているクロミッド錠と同じ有効成分のクロミフェンクエン酸塩を含有しています。

Fertogard(フェートガード)は、排卵を誘発する薬です。

Fertogard(フェートガード)に含有されている有効成分のクロミフェンクエン酸塩は、脳の下垂体に働いてホルモン(性腺刺激ホルモン)を分泌させ、卵巣を刺激することで排卵を誘発させます。

クロミフェンクエン酸塩は通常、女性に使用されますが、男性の不妊症にも応用されることがある薬剤です。

◆効果
排卵障害に基づく不妊症の排卵誘発

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

◆用法
無排卵症の患者に対して本剤により排卵誘発を試みる場合には、まずGestagen、Estrogen testを必ず行って、消退性出血の出現を確認し、子宮性無月経を除外した後、経口投与を開始する。
通常、第1クール1日クロミフェンクエン酸塩として50mg(50mg錠の場合:1錠、100mg錠の場合:0.5錠)5日間で開始し、第1クールで無効の場合は1日100mg(50mg錠の場合:2錠、100mg錠の場合:1錠)5日間に増量する。
用量・期間は1日100mg(50mg錠の場合:2錠、100mg錠の場合:1錠)5日間を限度とする。

◆注意事項
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

指示された量を毎日同じ時間に服用してください。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
服用前、治療期間中は毎日内診を受けて、異常がみられたら直ちに服用をやめてください。
服用前少なくとも1ヶ月間および治療期間中は基礎体温を必ず記録し、排卵誘発の有無を観察してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある方
卵巣腫瘍及び多嚢胞性卵巣症候群を原因としない卵巣の腫大のある方
肝障害又は肝疾患のある方
妊婦

◆副作用
虚血性視神経症、発疹、精神変調、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ビリルビン上昇、γ-GTP上昇

卵巣過剰刺激症候群などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

◆成分
Clomifene Citrate 50mg
クロミフェンクエン酸塩 50mg

◆商品別名(日本名)
クロミッド(富士製薬工業)

◆対象
女性

◆製造
Healing Pharma (India)

◆発送
香港ルート

◆その他
1箱/30錠
排卵を生じさせるお薬です。排卵障害による不妊症に用います。

この製品をチェックした人はこんな製品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません