ジスロマック細粒(Zithromax) 200mg/5ml

  • クリックで画像を表示

2,970円-5,260円

依頼数:



【製品説明】

ジスロマック細粒は、アジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系の抗生物質です。ドライシロップタイプで、使用時に調合して服用します。

ジスロマック細粒は、15員環マクロライド系の抗生物質です。細菌を殺すことで、各種感染症の治療に用いられます。

ジスロマック細粒の有効成分であるアジスロマイシンは、感染部位への良好な薬剤移行性を示し、薬効消失も遅く、効果が長持ちするため、1日1回の3日間の服用で、およそ7日間、作用が持続するという利点があります。

抗菌スペクトルの広いアジスロマイシンは、肺炎球菌、インフルエンザ菌、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌、マイコプラズマ・ニューモニエ、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)など多くの細菌に効果を発揮します。服用に際しては、耐性菌の出現を防ぐためにも、医師の指示を必ずお守りください。

◆効果
■適応菌種
アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、ペプトストレプトコッカス属、クラミジア属、マイコプラズマ属

■適応症
深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

◆用法
成人に対しては、通常、
アジスロマイシンとして1日1回500mg(溶液12.5ml相当)を3日間、服用してください。

クラミジア・トラコマティスの治療の場合は、アジスロマイシンとして1回1000mg(溶液25ml相当)を服用してください。

また、淋菌の治療の場合、推奨服用量はアジスロマイシンとして1000mg(溶液25ml相当)または2000mg(溶液50ml相当)であり、250mgまたは500mgのセフトリアキソンと組み合わせて使用します。


Zithromaxの使用方法は、こちらの動画をご参照ください。
※日本語でのご案内はございません。

キャップがしっかりと閉まっていること、有効期限内であることを確認します。
水9ccを付属のカップで計測します。
Zithromaxのキャップを開け、水9ccを入れた後、キャップを再びしっかりと閉めます。
キャップを押さえながら数秒間よく振り、十分に混和させます。 
アジスロマイシン濃度4%(w/v)の溶液が15mlできます。(溶液5mlあたりアジスロマイシンとして200mgを含有)

◆注意事項
自分の判断で中止せずに医師の指示通り服用してください。
本剤の服用中に湿疹、粘膜(口唇、眼、外陰部)のびらんあるいは水ぶくれなどの症状が現れた場合は服用を中止し、速やかに医師の診察をお受けください。
本剤は作用時間が長いため、アレルギーが再発したり、服用4日目以降でも発現することがありますので、ご注意ください。
本剤の服用中は、車の運転など、危険を伴う機械の操作は行わないでください。

◆副作用
肝障害(体がだるい、疲れやすい、食欲がない、発熱、皮膚や目が黄色くなる、湿疹、吐き気、嘔吐、かゆみ)
消化器症状(下痢、便が軟らかくなる、腹痛)
QT延長、心室性不整脈(めまい、動悸、胸が痛む、胸部の不快感、意識消失、失神、けいれん)

◆成分
Azithromycin 200mg/5ml

アジスロマイシン 200mg/5ml

◆商品別名(日本名)
アジスロマイシン(シオノケミカル、陽進堂、長生堂製薬、辰巳化学、高田製薬、シオノケミカル、東和薬品、日本ジェネリック、辰巳化学、小林化工、YUNGSHINPHARMACEUTICALINDUSTRIALCO.,LTD.、興和、ニプロ、わかもと製薬、共和薬品工業、沢井製薬、サンド、武田テバ薬品、日医工、全星薬品工業、第一三共エスファ、第一三共、日本ケミファ、富士製薬工業)、ジスロマック(ファイザー)

◆対象
男性・女性

◆製造
Pfizer Italia S.r.l.

◆発送
香港ルート

◆その他
1箱/Powder for 15ml Oral Suspension
ジスロマックのドライパウダー
9mlの水を加えることで5mlあたりアジスロマイシン200mgの液体が15ml出来ます。

この製品をチェックした人はこんな製品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません